販促を支援する中小企業 へ助言して思ったこと

デジタルマーケティングのアドバイス
デジタルマーケティングのアドバイス

先日、ものづくり企業の販売促進を支援する中小企業に対して、デジタルマーケティングに関するアドバイスをしました。

販促を支援している企業なのに、想像以上にデジタル化対応に遅れていたことに危機感を覚えました。一方で、従来型の人を大切にする営業スタイルで、このご時世でも、しっかり生き残っている力にも驚かされました。

そういう企業にとって、デジタル化は言うほど簡単ではないということもわかってきました。自社のあらゆるオペレーションや販売プロセスなどを見直さなければなりません。基幹システムのクラウド化、ペーパレス化、それに伴い、関係各社との調整など、単純にツールを導入すれば済む話ではありません。

ただ、事業を継続できる強い企業は、義理や人情とかだけではなく、組織として別の強みもしっかり持っています。この会社で言えば、リサーチ力やコンテンツを作る力などハンパないです。いまの強みや良さを活かしながら、デジタル化を着実に進めていけば、更に進化できると思いました。

簡単な道のりではないですが、ポテンシャルが凄い。やっぱり何十年も生き残っている会社は違うなぁと、私自身も学びが多い機会でした。ありがとうございました。