定時内に成果を出す “スケジュール管理”による業務効率化

開催趣旨

どんなにやる気があっても、予定通りに仕事が終わらない、あるいは仕事が進まないことがあります。なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?それは、以前と比べてやることが増えているのに、仕事の進め方や時間の使い方を変えなかったためです。要するに私たちのやり方が、今の時代に合わなくなってきたのです。

みなさんのスケジュールは最適化されていますか?
スケジュール成功の鍵は、努力や根性ではありません。やるべきことを合理的に、ムダなく管理していくことが重要なのです。本講座では、(1)限られた時間内に成果を出す考え方 (2)効率的な仕事の進め方と時間の使い方を、実践練習を交えて習得します。

参加対象

  • 一生懸命やっているのに、定時に終わらない
  • 仕事にいつも追われて、納期ギリギリになんとか終わらせている
  • 提出が1日、2日遅れてしまうことがある
  • 慌てたために、品質が悪くなってしまう
  • やるべきことがわかっていても、なかなか手がつけられない
  • Todoリストが「やりたいけど、やれていないリスト」になってしまう
  • 「手帳を活用して仕事の予定を管理しよう」と決意したが、挫折してしまう

メリット

  • 限られた時間内に成果を出す考え方が得られます
  • 効率的な仕事の進め方と時間の使い方が身につきます
  • 締め切りで焦ったり、慌てたりすることが減っていきます
  • 余裕をもって、仕事をすすめることができます
  • 自分の使える時間が増えます

プログラム概要

1.ギリギリになる原因と対策
  ・アタマの切り換えを減らす
  ・「探しもの」をする時間はムダ
  ・「仕事の時間割」を作れば集中力も高まる

2.スケジュールを組むための「作業仕分け」
  ①:何をすべきか?
  ②:いつはじめ、いつ終わるのか?
  ③:「タスク置き場」をどこにするか?

3.いつまでにを癖にする「デッドライン」
  ・優先順位をつける
  ・合格ラインを明確化させる
  ・見積もりのコツを身につける
  ・仕事の成果の価値とは?

4.探す時間を減らす「タスク置き場」
  ・「タスク置き場」の作り方
  ・整理するのではなく、検索からはじめる
  ・メールも「作業仕分け」で効率化

5.時間効率を上げるテクニック
  ・時間の意味づけを変える
  ・振り回されない「コントロール術」
  ・ムダを減らす積み重ね術
  ・ビジネスコミュニケーション

6.ミーティング時間を有効活用する
  ・ミーティングの生産性を落とす原因
  ・短い時間で成果を出すテクニック
  ・議事録を作るのに時間をかけない

7.やり直しの時間ロスを防ぐ「逆算思考術」
  ・チームの仕事の特徴
  ・やるべき作業のヌケやモレをなくすプランニング
  ・「待たせる」をなくす、スケジュール作り

8.時間を予算管理する
  ・価値を生み出す仕事で予定を埋める
  ・労力を減らすと時間当たりの価値が上がる
  ・「時間予算カレンダー」を活用する

関連本