セリングとマーケティング

バランス

セリングとマーケティング は起点が違う

セリングとマーケティング の違いについて少しふれます。まず、セールスとマーケティングどちらが大事かということでもありません。

このように考えること自体、実務上、あまり意味のないことです。それでは、なぜわざわざ違いを確認するのかですが、まずは以下の図を見てください。

セリングとマーケティング

線引きすること自体がイケてない

セリングとマーケティング思考では、起点が違います。セリングはあるものを売るのです。お客さまを説得し売り込みます。そのため自社の製品やサービスあるきです。一方、マーケティングはお客さまのニーズやウォンツを満たし買ってもらいます。

対象となるお客さまを特定し、ニーズやウォンツを満たすために、また課題を解決するために、どのようなベネフィット(お客さまにとってのメリットや価値)を創出し、いくらで、どのように提供できるかなどを考えます。

そのため、マーケティングは製品やサービスを創り出すことを含みます。また、お客さまのニーズや期待に応えるため、企業の各機能と連携し調整し、お客さまに最大の価値が提供できるように効果を上げる必要があります。

セールスの観点からも、お客様の課題を解決するような提案や対応をしているので、線引きすること自体がナンセンスです。セリングとマーケティング思考両方を備えることにより、より高い価値をお客さまに提供でき、ニーズや期待に応えることができます。