CPO

このエントリーをはてなブックマークに追加

CPO とは、Cost Per Opportunityの略で、1件の商談を作るためにかかったコストのことです。 マーケティング施策の費用対効果を測る指標の一つです。 業種業界にもよりますが、一般的に取引が高額なビジネス、高価な製品やサービスを提供する法人向けビジネスでは重要な概念です。 CPLのリード獲得単価だけをマーケティング施策の費用対効果を測る指標にした場合、リードの量と質... 続きを読む →

CPL

このエントリーをはてなブックマークに追加

CPL とは、Cost Per Leadの略で、1件のリードを獲得するためにかかったコストのことです。 マーケティング施策の費用対効果を測る指標の一つです。 業種業界にもよりますが、一般的に取引が高額な、要するに高価な製品やサービスを提供する法人向けビジネスでは重要な概念です。 例えば、展示会に出展し獲得した名刺の数が100枚。出展費用が100万円であれば、リード単価は1万円にな... 続きを読む →

ROAS

このエントリーをはてなブックマークに追加

ROAS (Return On Advertising Spend)とは、 広告費用対効果のことです。広告費に対してどれくらいの売上を得ることができたかを示します。売上を広告費用で割ったものです。ROASが高いほど、広告費用の回収率が高く、効率的に広告が運用できているといえます。 例えば、アドワーズ広告を10万円分実施し、100万円の売上が上がった場合のROASは1,000%となります。10... 続きを読む →

CPA

このエントリーをはてなブックマークに追加

CPA (Cost per Acquisition) とは、顧客獲得単価のことで、新規顧客を獲得するのに1人あたりいくらかかったかを示します。顧客獲得単価(CPA)は低ければ費用対効果の高い活動といえます。 例えば、アドワーズ広告を10万円分実施し、100件のコンバージョンが得られた場合のCPAは1,000円となります。10万円÷100=1000円。 ... 続きを読む →