VRIO 分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

VRIO 分析とは、「価値 (Value)」、「希少性 (Rarity)」、「模倣可能性 (Imitability)」、「組織 (Organization)」の4つの要因を分析することで、企業内部において、競争優位となる経営資源や能力をどれだけ持っているのか、有効活用しているかを把握できるフレームワークです。分析結果を踏まえ、整備・強化することで競争優位性を築こうとするものです。VRIO とは、それぞれの頭文字をとっています。

VRIO 分析

価値

自社の持つ経営資源や能力には、市場において価値があるかどうか?それらは、自社が競争優位を保つために、事業機会を活かしたり、脅威にうまく対応することが可能か?

希少性

自社の持つ経営資源には、市場において希少性があるがどうか?その経営資源を保有している企業は少数だろうか?

模倣可能性

自社の持つ経営資源はマネされにくいかどうか?その経営資源を保有していない企業は,その経営資源を獲得あるいは開発し自社で保有するために大きなコスト負担になるだろうか?

組織

自社の持つ経営資源を最大限に活かすことのできる組織や仕組みづくりができているかどうか?

・競争劣位
 価値:× 希少性:× 模倣可能性:× 組織:×
・競争均衡
 価値:○ 希少性:× 模倣可能性:× 組織:×
・一時的な競争優位
 価値:○ 希少性:○ 模倣可能性:× 組織:×
・まだ継続的には活かしきれていない競争優位 by 価値&希少性&模倣可能性
 価値:○ 希少性:○ 模倣可能性:○ 組織:×
・継続的な競争優位 by 価値&希少性&模倣可能性&組織
 価値:○ 希少性:○ 模倣可能性:○ 組織:○

⇒継続的競争優位を保つためには4つの要因が全て揃うことが必要です

SWOT分析をはじめ、分析ツールは、分析対象を何にするか(例:企業、組織の機能)、分析時点での情報であることなどに留意する必要があります。