4P

このエントリーをはてなブックマークに追加

4P とは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)の4つの頭文字を取ったものです。

「何を」「いくらで」「どこで」「どのようにして」売るのかといった、製品やサービスを提供する売り手の視点で考えられたマーケティングのフレームワークです。

Product (製品)
「何を売るか?」ということ。製品やサービスのコンセプトは?それらが提供する価値や機能は?他の付加価値は何か?などを考え、決めます。
例) 製品ラインナップ、製品特徴、ブランド名、品質、デザイン、パッケージング、保証体制、返品可能性、アフターサービス、モデルチェンジ

Price (価格)
「いくらで売るか」ということ。原価から考えた価格、市場や競合から見た価格、製品のライフサイクルを考慮した価格の変動などを考え、決めます。
例) 定価、割引、値引き、支払条件や期限

Place (流通/場所)
「どこで売るか?」ということ。どのような流通経路やチャネルを通じて、顧客に製品やサービスを届けることが最適かを考え、決めます。。
例) チャネル、直販、代理店経由、リアルショップ、店舗、バーチャルショップ、流通経路、輸送、在庫

Promotion (販促)
「どのように売るか?」ということ。営業が売りに行くのか、顧客にお店に来てもらうのか、広告や広報などを通じて、どのように製品やサービスを知ってもらうのかなどを考え、決めます。
例) プル戦略とプッシュ戦略、広告と広報、プロモーション、販売促進、PR、コミュニケーション、人的販売、口コミ

これらを考える際には、個別に考えるのではなく、それぞれの整合性を図りながら考えることが重要です。