3C

このエントリーをはてなブックマークに追加

3C とは、市場と競合を分析し、自社が事業を行うビジネス環境での成功要因を見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワークです。
3Cとは、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の3つの言葉の頭文字を取ったものです。企業における環境変化を客観的に把握するための手法の1つです。

実践的には、自社のどの強みを活かして、競合他社とどのように差別化し、顧客にどのような価値を提供するかを、行動レベルまで落とし込めてることが重要です。

Customer(市場・顧客)

自社の製品やサービスを購買する意思や能力のある潜在顧客の把握とニーズの変化を知る。顧客は、どのような視点で自社と競合他社を比較しているのかを意識して検討する。

例)市場規模や成長性、顧客ニーズの変化、購買決定プロセス、機会&脅威、規制緩和

Competitor(競合)

競合他社について把握する。市場や顧客のニーズの変化にどのように対応しているかを知る。競争相手からどうやって市場を奪うかという視点で変化を見る。自社の相対的な強みや弱みを検討する際にも役立ちます。競合他社と比較して、自社にはどのような強みがあるのかを意識して検討する。

例) 競合の数(寡占度)、競合他社の戦略や動向、競合のパフォーマンス(売上高、市場シェア、利益、顧客数など)、業界再編、参入障壁(異業種参入、新規参入)、

Company(自社)

自社の経営資源や活動について、定性的・定量的に把握する。自社のどのような強みを活かして顧客に価値を提供できるかを検討する。

例) 企業理念、自社の目標(売上高、市場シェア、収益性など)、ブランドイメージ、技術力、ポジショニング、人的資源、組織デザイン