1:29:300の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

1:29:300の法則 とは、労働災害における経験則のひとつです。ハインリッヒの法則とも呼ばれています。

この法則は、1件の重大な事故・災害の背景には29の軽微な事故(かすり傷程度の軽災害)があり、さらにその裏には、300件もの異常(「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害)が存在するというものです。

ビジネスにおいては、失敗発生率として活用されることがあります。1件の大きな問題(大失敗)の裏には、29件の顧客からのクレーム(失敗)があり、さらにその裏には、苦情にはなっていないが「しまった」という小さな失敗が存在していると言われています。